最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書)

  • 30 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 橋爪大三郎 .

    Download フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書) 無料で, 本の無料読書 フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡本裕一朗
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ
    • 発売日:  2019年03月15日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4915968110001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    一九六〇年代初め、サルトルの実存主義に代わり、西洋近代を自己批判的に解明する構造主義が世界を席捲した。レヴィ=ストロースをはじめ、ラカン、バルト、アルチュセールの活躍。六八年の五月革命と前後するフーコー、ドゥルーズ=ガタリ、デリダによるポスト構造主義への展開。さらには九〇年代の管理社会論と脱構築の政治化へ。構造主義の成立から巨匠たち亡き後の現在までを一望する、ダイナミックな思想史の試み。

あなたも好きかもしれません

フランス現代思想史 構造主義からデリダ以後へ (中公新書) by 橋爪大三郎 ダウンロード PDF EPUB F2