最後に編集されたのは 管理者
01.12.2020 | 歴史

都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する

  • 28 読みたい
  • 96 現在読んでいるもの

発行元 藤井 保文 .

    Download 都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する 本 Epub や Pdf 無料, 都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する, オンラインで書籍をダウンロードする 都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する 無料で, 本の無料読書 都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興するオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  東京都市大学総合研究所未来都市研究機構
    • 発売日:  2020年03月24日
    • 出版社:  翔泳社
    • 商品番号:  9784798164649
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    都市が次世代のデジタルトランスフォメーションの主戦場となる。

    IoT、ビッグデータ、MaaS、デザイン、コミュニティ、環境技術…。多様な分野から成るエキスパート集団による、「課題先進国」日本の再興のための処方箋。


    ◎推薦文

    DX以降の都市論が凝縮、次の企業・個人の形がみえる

    ー尾原和啓(『アフターデジタル』共著者)


    日本は20世紀から持ち越してきた多くの都市問題に加え、都市のハードとソフトに起因する新たな諸課題に直面している。


    本書は、こうした課題を解決するのは「アーバン・デジタル・トランスフォメーション(UDX)」であると提唱する専門家集団による提言の書。


    センシング技術やビッグデータ解析、アルゴリズム構築に代表される「データ&アナリティクス」、デジタル技術によって得られたデータを活用しつつ「人間中心」のデザインというUDXのテーマ領域から、各分野のエキスパートが、社会的課題解決と日本にとってのビジネス機会を提案する。


    【目次】

    序章 なぜ今、「都市」なのか?

    ■第1部 都市とは人間拡張の最大形態である

    第1章 都市は人間の「脳」の拡張として誕生した

    第2章 都市という名の人間拡張が加速した時代

    第3章 サイバーとフィジカルが融合する時代

    ■第2部 都市5.0へ向かうデータと分析

    第4章 ビッグデータによる「都市の脈動」の把握

    第5章 IoTとAIによるインフラマネジメントの一大変革

    ■第3部 都市5.0を実現する設計思想

    第6章 IoTとAIによる人間中心の都市像

    第7章 都市を人間中心で設計する:MaaSからCaaSへ

    第8章 コミュニティ創造による「個人の都市」の実現

    第9章 グリーンインフラによる都市の持続的成長

    終章 アーバン・デジタルトランスフォメーションの時代に


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。

    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。

    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

あなたも好きかもしれません

都市5.0 アーバン・デジタルトランスフォーメーションが日本を再興する by 藤井 保文 ダウンロード PDF EPUB F2