最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book)

  • 86 読みたい
  • 38 現在読んでいるもの

発行元 荒川和久 .

    Download ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岡田尊司
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2019年11月21日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005345
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人類は今、新たな進化の段階に突入している。

    産業革命は社会を変えたが、IT革命は人間の心を変えようとしているのだ。


    共に働き、共に生活していた「家族」が、都市化や産業化、核家族化を経て崩壊しようとしていた時、IT革命が起きた。

    IT革命は社会システムを大きく変えたが、もっとも重要な変化は、人間の脳神経回路を組み替え、愛着システムを変容させたことだ。

    通常なら数万年、数十万年のスケールで起きる生物学的な変化が、数十年の間に進行している。


    27年ほど前、医療少年院で一人の回避型愛着を示す若者に出会った。

    今や、そうした人々は普通の家庭や社会にあふれている。


    急激に増えつつある「回避型人類」の特徴は


    ・単独生活が基本

    ・セックスをしない

    ・子育てに関心がない

    ・集団への嫌悪と恐怖

    ・人より物、物より情報を好む

    ・ルールと統制を重視する

    ・キレると何をするかわからない

    ・蔓延する依存症と刺激中毒

    ・突然襲ってくる自殺衝動

    ・死を悲しまない


    そんな「回避型人類」の数が、共感型の旧人類を上回るとき、一体何が起きるのか。


    最前線の臨床医が最先端の進化論と出会って辿り着いた、驚愕の未来レポート。

あなたも好きかもしれません

ネオサピエンス 回避型人類の登場 (文春e-book) by 荒川和久 ダウンロード PDF EPUB F2