最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

ゼニの人間学 (impress QuickBooks)

  • 22 読みたい
  • 93 現在読んでいるもの

発行元 野村克也 .

    Download ゼニの人間学 (impress QuickBooks) 本 Epub や Pdf 無料, ゼニの人間学 (impress QuickBooks), オンラインで書籍をダウンロードする ゼニの人間学 (impress QuickBooks) 無料で, 本の無料読書 ゼニの人間学 (impress QuickBooks)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ゼニの人間学 (impress QuickBooks) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  青木雄二
    • レーベル:  impress QuickBooks
    • 発売日:  2017年10月27日
    • 出版社:  インプレス
    • 商品番号:  4694295301260
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ゼニは、人間にとって便利な道具である。

    ゼニがあれば、人間はなんでもできる。

    自分のどんな欲望でもかなえることができる。


    僕は、人間というのは、はなはだうさん臭い生き物であると思っている。

    人間なんて巨大なゼニの力があれば、なにをやりだすかわかったものではない。


    しかし、ゼニがなければ、人間は悲惨である。

    人生は暗黒で、将来にはまったく希望がもてず、自分で自分自身を卑下し侮辱するようになる。

    人生というものは、金がなければ、どうしても苦労がつきまとう。

    金に困って、借金をすれば、そこから人生の苦闘がはじまる。

    金のことで悩み、困惑し、狼狽し、煩悶し、疲労し、消耗し、やがては、犯罪、夜逃げや自殺にまで発展していく。

    これは、何百年も昔から、人間が繰り返してきた永遠不滅のドラマなのだ。


    この本は、漫画に描ききれなかった僕の真実の声である。

    実は、『ナニワ金融道』よりも、書きたいテーマだったと言ってもよい。

    人間は、狼にもなれる、鬼にもなれる摩訶不思議でうさん臭い生き物である。

    そんな人間がつくり上げたこの資本主義の社会も、実にうさん臭い。

    そこのところを、しっかりと見極める目をもって、生きていこうやないか。


    ▼目次


    第1章 ゼニという名の生き物

    第2章 日本国民はビンボーである

    第3章 裏を読めない人間は滅びる

    第4章 “神”は人類最大の妄想や

    第5章 人間は闘争せよ!

あなたも好きかもしれません

ゼニの人間学 (impress QuickBooks) by 野村克也 ダウンロード PDF EPUB F2