最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

ゼネス

  • 88 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 岸見一郎 .

    Download ゼネス 本 Epub や Pdf 無料, ゼネス, オンラインで書籍をダウンロードする ゼネス 無料で, 本の無料読書 ゼネスオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ゼネス 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  週刊東洋経済編集部
    • 発売日:  2016年01月13日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4659102502189
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大林組、鹿島、清水建設、大成建設の上場4社は2016年3月期、そろって最高純益を更新した。特筆すべきはその急回復ぶりだ。非居住用建築物の着工単価もバブル期の20万円/m2を超える。リニア中央新幹線は、品川─名古屋間だけで約5・5兆円、さらに名古屋ー大阪間を加えると総工事費は9兆円を超える巨大プロジェクトだ。

    しかし、そこに死角はないのか?。変わりゆくゼネコンを取り巻く環境からいまの業界を探っていく。スーパーゼネコン4社のトップインタビューから見えるものは…。


    ※本誌は『週刊東洋経済』2016年7月30日号掲載の20ページ分を電子化したものです。


    【主な内容】

    ゼネコン バブル超え

    五輪後も続く再開発・優良案件を「選別」…赤字受注は過去のもの

    政策保有株「放出」への圧力

    【TOP INTERVIEW】 大林組 社長・白石 達

     10年先までは大丈夫 新しい顧客が出てくる

    【TOP INTERVIEW】 鹿島 社長・押味至一

     掘削の新技術を投入 採算もそれほど心配ない

    【TOP INTERVIEW】 清水建設 社長・井上和幸

     五輪後も高水準を維持 施工能力を一段高める

    【TOP INTERVIEW】 大成建設 社長・村田誉之

     東京での仕事は3割増 18~19年にピーク迎える

    ゼネコン熱視線! リニア新幹線工事が始動

    【業界を覆う人手不足の実態】下請けは依然悲鳴!10年後労働者は“消滅”

    加速する建築家外し…ゼネコンが設計・施工を丸抱え

    INTERVIEW 建築家・隈 研吾

     建築に保守的な日本は世界に出遅れてしまう

あなたも好きかもしれません

ゼネコン バブル超え 週刊東洋経済eビジネス新書 no.189 by 岸見一郎 ダウンロード PDF EPUB F2