最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった

  • 45 読みたい
  • 50 現在読んでいるもの

発行元 倉本一宏 .

    Download 10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった 本 Epub や Pdf 無料, 10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった, オンラインで書籍をダウンロードする 10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった 無料で, 本の無料読書 10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だったオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  奥村歩
    • レーベル:  青春新書インテリジェンス
    • シリーズ名:  10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった
    • 発売日:  2017年09月14日
    • 出版社:  青春出版社
    • 商品番号:  4914661680001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「人の名前が思い出せない」「うっかりミスが増えた」…それは、トシのせいではなく、たえずスマホをいじって過剰な情報を脳にインプットすることによって起こる脳の機能低下、「スマホ認知症」かもしれません。いま40~50代に急増中!スマホですぐに検索、情報チェック、ナビに頼るといった習慣で、前頭葉を中心とした脳の「考える機能」を錆びつかせてしまう。 放っておくと、本物の認知症につながる脳の老化を進めるリスクが高くなる。そこで本書では、スマホ認知症にならないスマホの使い方、スマホで疲れた脳の休ませ方を脳科学的見地から解明していきます。●1日5分「ぼんやりする時間」をもつと、脳のアイドリング機能(デフォルト・モード・ネットワーク)がよくなる●「ながらスマホ」はやめて、脳のオーバーワークを防ぐ●体を動かすなど脳のアウトプットを増やすと、脳のバランスがよくなる●疑問や問題をスマホで解決せず、まずは「自分で考える」機会を増やして脳の前頭前野を活性化するーー疲れた脳を休ませる習慣で、みるみる症状は回復する!

あなたも好きかもしれません

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった (青春新書インテリジェンス) by 倉本一宏 ダウンロード PDF EPUB F2