最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか

  • 72 読みたい
  • 26 現在読んでいるもの

発行元 稲盛和夫 .

    Download 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか 本 Epub や Pdf 無料, 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか, オンラインで書籍をダウンロードする 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか 無料で, 本の無料読書 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのかオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  紺野登, 目的工学研究所
    • 発売日:  2013年04月01日
    • 出版社:  ダイヤモンド社
    • 商品番号:  4410100800000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    会社の究極の目的とは何か?ーーこの単純で深遠な問いを掘り下げる。 英『エコノミスト』誌は、2013年のビジネス・トレンド・ベスト10の一つに「利益から目的(“From Profit to Purpose”)の時代である」というメッセージを挙げた。 ビジネスの世界において、20世紀は「手段の時代」であった。手段(や手法)が多様化したことで、専門分化が進み、部分最適(縦割りやたこつぼ化)が助長され、その結果、「企業の目的」「事業の目的」、そして「働く目的」が見失われてしまった。しかし、これらの「目的」(purpose)を取り戻した企業、たとえばアップルやグーグル、ホールフーズ、ザッポスのほか、世界的に評価されている社会起業家たちは、製品やサービスのみならず、マネジメントにもイノベーションを起こすと同時に、新しい資本主義を生み出そうとしている。 ドラッカーは「企業の目的は利潤の最大化ではない」と喝破したが、リーマンショックを機に、コンシャス・キャピタリズム(理性ある資本主義)、エシコノミー(道徳と経済の合成語)、さらには「マネジメント2.0」など、ドラッカーと同じ考え方に基づくムーブメントが世界的に広がっている。 本書は、ドラッカーやポーターなどのグールーらがそろって「企業の目的は利潤の最大化ではない」ことを主張していること、新旧のイノベーターたちが「共通善なる目的」(マイケル・サンデルの「正義」と同義)に基づいて行動していることを紹介しながら、目的に基づくマネジメントとその実践手法である「目的工学」というフレームワークをわかりやすく提示する案内書である。一読すれば、「目的工学では、目的群を正しく調整することこそが重要であり、成功のカギ」というシンプルな事実が理解できる。 利益や売上げのことばかり考えているリーダー、自分の会社のことしか考えていないリーダーは、ブラック企業の経営者と変わらない。

あなたも好きかもしれません

利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか ドラッカー、松下幸之助、稲盛和夫からサンデル、ユヌスまでが説く成功法則 by 稲盛和夫 ダウンロード PDF EPUB F2