最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ)

  • 59 読みたい
  • 25 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ) 本 Epub や Pdf 無料, データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ), オンラインで書籍をダウンロードする データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ) 無料で, 本の無料読書 データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  夫馬賢治
    • レーベル:  日経プレミアシリーズ
    • 発売日:  2020年07月10日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660005926430
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    相次ぐ豪雨・台風による被害。

    一気に世界中に拡大する感染症。

    魚や水など、急速に身近になってきた食糧問題。


    「うさんくさい」「きれいごと」だと思われてきた「地球全体の問題」について、

    一般の人々も切実なテーマとして関心を寄せるようになりつつある。

    企業も「規制があるから仕方なく対応」「環境問題に配慮しすぎると成長が止まる」

    といった旧来型の発想からの転換を求められている。


    本書は、いま世界でなにが問題視されているのか、

    このままの状態が続くと近い将来世界がどうなるのかを、

    一般層に向けてわかりやすく説明する。


    取り上げるのは気候変動にともなう天災、食糧危機。

    フードロスや、乱獲による水産資源の減少、そして「水リスク」。

    コロナ問題で一気に他人ごとではなくなった感染症問題。

    さらに途上国の工場をめぐる人権問題など、我々をとりまく課題について、

    ひととおり理解ができるようにする。


    一般ビジネスパーソンに向けて、先行する欧米企業がどのような動きをし、

    投資家がどう見ているのかといった内容を紹介する。

あなたも好きかもしれません

データでわかる 2030年 地球のすがた (日経プレミアシリーズ) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2